やぎぢる

僕的感覚

ちょっとリングライト 

フィッシュアイ社で発売されている、WFリングライト1000

注目のアイテムらしく、川奈日和でも無料モニターをされるゲストさんが多いです。

残念ながら僕の手持ちのカメラでは使えないので、ゲストさんにちょこっとカメラお借りして、撮った2枚です。
ring0330.jpg
オリンパスの14−42ZOOMレンズの42ミリ側
ミラーレスなので84ミリ相当の画角。
やや広めに撮れるので、イソバナカクレエビ2匹入れてみました。

良かったと思う点
・全体に光が回りました
・ストロボに比べ、優しい色
・ターゲットライトの代わりもするので、ヤギにライトが触るくらいまで寄ってもオートフォーカス合いやすいです。

気にしなければいけない点
・明るいのが近づいてくるので、生物が奥へ逃げようとする。
・寄れるレンズだと、被写体に当たってしまう。

など。
こういうシーンでは良いですね!


P2049527.jpg
オリンパスのマクロレンズ。120ミリ相当かな?
少し入り組んだところに居る、小さなウミウシ。
手前に桜の様な、ピンクの海藻と、その下にいる、ワレカラも意識して入れこんでみました。

良かったと思う点
・奥まっていましたが360℃光が回るので、全体的に光が回りました。
・ストロボだと、左の海藻に蹴られて、ワレカラがつぶれる事もありますが、ちゃんと浮き出ていた。
・白いウミウシ、奥まった暗い環境ですが、白飛びもそんなになくほんわか色が出ました。
・ストロボの位置を確認しなくても光がまわるので、ファインダーに集中してればいいので楽ちん。

気にしなければいけない点
・あまりにも奥に居る者には光が蹴られる。
・影をつけて立体感を出したい場合はNGです。

など、小さくて寄れる者にも良いですね。


まだそんなに使ってませんが、、
今の段階では、考える事(ライティング)が一個減るので簡単で画面に集中出来るのが一番感じる特徴だと思います。

次は、貴族レンズの様な、もっとクローズアップで撮れるカメラで使ってみたいなと思いつつ、、
使える人は、ぜひモニターして楽しんじゃってください♪


trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret