やぎぢる

僕的感覚

ホワイトクリスマス 

xmas2015.jpg

むか〜しむかしのことじゃった。

まだ20代の公務員時代。

クリスマスに初デート。

名古屋の地下鉄のホームで待ち合わせるも、、仕事で一時間遅れ・・・

もう居なくなってるかな〜?と慌てて向かう。


待っててくれた。


遅れてごめん!

と、手を取り、地下鉄の階段を上る。


外に出ると、雪が降っていた。


栄という繁華街のライトアップに照らされる雪。


サンタさんの演出に感動。


「綺麗だね〜」

というと。

「うん」

と。

「いやいや、君の事だよ」

・・・・・


「あま〜〜〜〜い!!」

と当時のお笑いコンビのネタで遅刻のことも帳消し。


レストランまで、雪降る夜道を歩く。


めっちゃ寒い・・・


と、彼女が僕の腕にぐっと身を寄せる・・・


外は寒いが、心は温かい。


二人の距離がぐっと縮んだホワイトクリスマス♪



ポワンポワンポワ〜ン


妄想する、ビシャモンエビのカップルなのでありました。


ちゃんちゃん。




trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret