やぎぢる

僕的感覚

燃える闘魂 

warekara0320.jpg
今、ビーチで一番熱いバック!
この時期ならではの、緑抜きも良いですが、、
個人的には、このアヤニシキがおすすめ。

写真の様にいろんなワレカラや、ヒメイカ、アナハゼの子供が絡んでくれる。
バックライト当てるのも良し、、、など創作意欲がものすごくわきます。

春濁りだからこそ、動かずひとつの被写体と向き合って色々考えながら、
じっくりと撮影するのがおすすめです。
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret