やぎぢる

僕的感覚

川奈署捜査一課 

isogin018.jpg
現在もの凄い量の経理やら企画ものなど事務仕事に追われてるんですが、、
昼飯を食べながら、心の中で叫んだ!

「事件は会議室で起きてるのではない!海中で起きているのだ!!」

と。


至急、シズカ警部補と現場へ向かった。


ホシは、1センチくらいのまるっこい魚。
この時期、1ヶ月くらいは逃亡生活を計る。
女を誘い込んで、気に入った女に子供を産ませ、その場に篭城するという、
なんともうらやましい行為は許せない(笑)

う〜〜ん。かれこれ10年経つが未だに手がかりがつかめない。

今年は、昨年北の海の伝道師署の佐藤警部と、対策練った場所をしらみっつぶしに探している。


いろんな聞き込み捜査をしていたが、、なんか今日は雰囲気があった。

ライトの光を、すらすら〜と流していると・・・

ん??

眼が合ったぞ!!


苦節10年ようやくこの捜査も終わりか!
なんて、心では思っていた。
心臓バクバク、手をふるわせながら、ライトの光をその穴にそっと、戻す。。。


がが〜〜ん。


イソギンポの子供やん!!

可愛いから許すけど。


とまあ、また明日からも捜査に出る黄昏のやぎぢる刑事なのである。









trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret