やぎぢる

僕的感覚

さすがガイドさん! 

aoumi64.jpg
今日は、午前中事務仕事して、午後からシズカとリサーチで潜りに行きました。
久々に、愛機ナナコが復活したので、意気揚々と出かけました。

通常ゲストさんなしのリサーチなので、新たなる被写体を探したり、今まで居たのを確認したり
、僕の場合は夢中で撮影したりしています(笑)
ことシズカに関しては、ガイド魂というのか?条件反射というのか?
あれやこれや探し出すのはいいが、ものすごい勢いで僕を呼んでくれるのです。
ありがたいよ!確かに。

このアオウミウシの産卵も教えてくれてました。
とっても良いシーンなんですが、ウミヒルモなので自分の体の方が重くて、
砂地に自分の体がついて横からは見えない、撮影出来ない、困難な状態でもありまし。
幸いにか?時折うねりがあったので、うねりの勢いで写真の様にペロ~ンとめくれ上がるのです。
その瞬間を待つべく粘ろうとしていたら・・・

「ばびざ~~~~ん!!」(陸上で聞いたら、「やぎさーーーーん!」)

と、またものすごい勢いで呼ばれる。

心の中では、「ありがとう!シズカ、、、でもこれ撮りたいの」
と言いつつも、あまりにもしつこいので、とりあえず撮影中断して見に行くと、
シズカのブログの、面白い生態シーンではないか!

さすが!


というか、見たもの紹介したくてたまらない感じ!
もうひとつ言うと、ここまで楽しく潜ってるやつはなかなかいない。
確かに、遊びに来た時にこのような雰囲気を見てスカウトしたんだった。
さすがうちのガイド!!

でも、そっとしておいて欲しい時もあるんだよ!(笑)

trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret